『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS 第9回地歌箏曲を楽しむ会から気付いた、ある反省

<<   作成日時 : 2016/12/30 19:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今年(2016)の「地歌箏曲を楽しむ会」は第9回目でした。
 毎年、継続して8月の第1日曜日(または土曜日)に開いています。
 今回は錦風流本曲1曲を挟んで、地歌箏曲は全8曲。休憩を入れて、2時間30分の演奏会でした。
 
 暑い盛りの8月7日の日曜日、郡山市公会堂に100名を超えるお客様をお迎えすることができました。
 小さな会である私たちにとって、実にうれしく、光栄なことでした。
 会場を開けてもらって、荷物を運び込み、イス並べから始まって、々な準備とリハーサル、演奏とこなすことは、少ない人数ですので、互いに分担し合っても大変です。
 毎年のことだから、お手伝いも含めて、気のついたことをよくやっていただくので助かります。
 
 当然、暑い盛りに動き回り、舞台に上がるので、私たちは汗だくです。
 そこでつい冷房が強くなって、客席のことに気が回りませんでした。
 お客様は、「今日は暑い日だ」と考えて薄着で来られた方がいました。しかも、年齢の高い人が多いです。
 ですから、途中で「寒いから」といって帰られた方がいました。
 受付の係も、本来の作業で忙しく、そこまで気づきませんでした。
 「客様の身になって、物事を進めなければ」と反省する事項でした。
 
 他の演奏会でも、せっかくのプログラムを読むことが出来ないほどの暗い照明で、幕間を過ごすことがあります。
 つい舞台の進行に気を取られがちな主催者です。
 次回に活かしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第9回地歌箏曲を楽しむ会から気付いた、ある反省 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる