アクセスカウンタ

『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

プロフィール

ブログ名
『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から
ブログ紹介
できるならば「尺八の詩人」となりたい。そんな夢が活動力の源です。古典を中心にポップスまで、竹で歌う。そんな願いの楽舎です。
それは「尺八広場がいや」の永遠のテーマでもあります。

多くの方と尺八と親しみたい。そんな希望も膨らみます。だから
私たちが曲に抱く思いをつづった「思い・想いの尺八曲」を中心に、尺八の魅力をお伝えします。

「尺八広場がいや」のご紹介

福島県郡山市で活動する尺八愛好グループです。
練習日は火曜日(夜)と木曜日(全日)のどちらかですが、ご都合の良い日をご相談もできます。
 「尺八は初めて」という方は大歓迎。日本の古典音楽に興味がある方、尺八で「アメイジング・グレイス」や「コンドルは飛んでいく」を吹きたいという方、「春の海」をピアノと合奏したい方など、動機はいろいろです。
 体験・見学だけでもOKです。
 あなたも日本の伝統楽器・尺八の魅力に触れてみませんか


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
民謡による三管のための嬉遊曲一番 /思い想いの尺八曲
 1982年、池田静山作曲です。  黒田節、草津節、五木の子守歌、刈干切唄、串本節などの民謡を尺八三重奏で演奏するようになっています。 一パートと二パートは一尺六寸管を、三パートは二尺一寸管を使用します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/23 15:10
巴 (ともえ) /思い想いの尺八曲
 水野利彦の作曲です。楽譜は2008年に初版されています。  この作品は三本の尺八のために書かれたものです。  三本の尺八が同等に絡み、反発し、同調しながら進行することから「巴(ともえ)」と命名されたそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/23 15:05
絵日傘に寄せて/思い想いの尺八曲
 豊田義一原作の「花かげ」「絵日傘」は日本古来の音階で歌うことのできる親しみやすい曲です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/23 15:03
(再)松竹梅/思い・想いの尺八曲
 18世紀の末、丁度モーツァルトと同じ頃に大阪で活躍していた三つ橋勾当が作曲したものです。  全曲を演奏すれば20分くらいでしょうか。  ご祝儀ものでおめでたい曲ですので、今年(2018年)1月、お正月気分が味わえる曲をと、この曲を演奏しました。すると、地歌を初めて聴いたある女性が「交響曲みたいですね」と感想を述べておられたことが印象的でした。  私たちはおめでたいモノの例えとして、俗に「松竹梅」と言います。  曲の題も「松竹梅」です。しかし歌詞は「梅・松・竹」の順番です。    前... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/23 15:01
稚児桜/思い・想いの尺八曲
《稚児桜》は、ご存じの牛若丸と弁慶のお話です。五条橋が舞台です。チャンチャンバラバラがたくさん出てきま〜す。  もう、これだけ言えば、この曲の解説は必要ありませんね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/17 14:50
名所土産/思い・想いの尺八曲
 関西を意味する「上方」の曲です。玉塚検校作曲と言われる三味線物で、後に箏の手が付けられました。東京には明治末頃に伝えられました。  大阪では「奥の曲」として、特別な教授曲であったそうで、師匠から教えていただくにしても、技量はもちろん、いろいろと物入りな曲でもあったことでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/17 14:49
月夜の古城/思い・想いの尺八曲
 「月夜の古城」は伊藤エイミーまどか作曲です。  アップライトピアノができる前のスクエアピアノによるコンサートのほか、「母と子の為のコンサート」を各地で開催するなど演奏活動の他に作曲活動を行い、「金子みすゞによる歌曲」などの他に、箏とピアノの為の作品を書き、邦楽と洋楽の新しい出会いを追求されている方だそうです。(ご本人のHP参照) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/17 14:46
ままの川/思い・想いの尺八曲
 『(前歌)夢が浮き世か、浮き世が夢か、夢てふ里にすみながら、人目を恋と思い川、うそも情もただ口先で、一夜流れの妹背の川を、その水くさき心から ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/17 14:43
第10回をむかえた「地歌箏曲を楽しむ会」(その2)
 数を重ねるにつれて曲数も増えて、8〜9曲を演奏するようになりました。 約150分を私たちの演奏に耳を傾けていただけることは、とても幸せなことです。  私たちは会員も少なく、小さな団体です。はたしてお客様が来ていただけるのかと心配でした。でも会が進むにつれてお客様が増えて、地歌箏曲への関心をもつ方の広がりを感じてきました。  昨年の第9回では100名を越えるお客様でした。その中に、おじいちゃんとおばあちゃんに連れられた小学生と中学生がいました。問えば、「学校で尺八を体験したことがあるので、聴... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/17 14:39
第10回をむかえた「地歌箏曲を楽しむ会」(その1)
 「西欧では週末には教会で演奏会が開かれる」という新聞記事を読んだことがありました。地域のコミュニティと文化を高める場所として教会があるなら、私たちの演奏を発表する場所としてもピッタリかな・・・と考えて、以前から知っていた教会に申し込んでみました。  すると牧師は「教会に欠けているのは日本の音楽です。ぜひやって下さい」との返事。そこで実現したのが『教会で地歌箏曲にふれる』と名付けた演奏会で、地歌箏曲を楽しむ会の第1回目でした。  礼拝堂で「夕べの雲・楓の花・八千代獅子」を演奏しました。来場者... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/17 14:36
四つの民(よつのたみ」/思い・想いの尺八曲
四つの民(よつのたみ」は1822年に没した松浦検校が三絃で作曲。  八重崎検校が箏を手付けしました。  四季の眺め・宇治巡り・深夜の月と共に「松浦の四つ物」として数えあげられる曲です。  作詞は京都の赤尾某とあります。京風手事物の有力な曲の一つでありましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 17:42
錦風流尺八奏法覚え書きの発刊(1)
タイトル ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 17:39
錦風流尺八奏法覚え書きの発刊(2)
◆はじめに  尺八は宗教音楽として発展してきました。  本曲とは「尺八のみの、または尺八のための曲」という意味です。  1677年頃、普化宗(ふけしゅう)が成立。16派の虚無僧寺があったと言われます。  幕府公認の普化宗では武士のみが虚無僧になることを許されて、寺では尺八と武道の稽古に励み、托鉢(たくはつ)による修業をしていたそうです。  ちなみに県内では福島市、・川俣町・二本松市・相馬市他に虚無僧寺がありました。  その一派に根笹派があり、錦風流はその流れにつながっています。  ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 17:38
錦風流尺八奏法覚え書きの発刊(3)
◆宗家の継承   3人の高弟のうち、青森県から東京に出た永野旭影(きょくえい)が二代宗家を継ぎ、三代 成田松影(しょうえ い)、四代 井上照影(てるかげ)と宗家が継承されてきました。   青森県では「根笹派大(おお)音笹流錦風流尺八」という名称で、1981年(昭和56年)に青森県無形文化財 技芸指定を受け、現在4名の方が県技芸保持者として認定されています。  (県文化財保護課HP参照) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 17:38
金髪のジェニー/思い・想いの尺八曲
夢に見しわがジェニーは/ブロンドの髪ふさふさと/小川の岸辺を行き/あたりにはヒナギク笑む/楽しき歌くちずさみつ/小鳥の節にあわせて/(あ〜あ)夢に見しわがジェニーは/ブロンド髪ふさふさと行く ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/12 15:27
夕べのロンド/思い・想いの尺八曲
夕べのロンドは森岡章作曲です。作曲年は1967年(昭和42年)です。  今年になっても2回、デイサービスセンタ−のボランティアで演奏してきました。(記述日 1月11日)  親しみやすく、聴く人や演奏者にとっても優しく、いやされるような気がする曲です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/12 15:23
ピアノと尺八合奏 六段の調/思い・想いの尺八曲
六段の調は本来、箏の独奏曲でしたが、尺八や三絃との合奏曲にもなっています。  52拍子からなる段を6つ集めた構成になっていて、日本音楽には数少ない器楽曲の一つです。    従来、いわき市出身の八橋検校が17世紀に作曲したとされてきましたが、近年、グレゴリオ聖歌に原曲があるという研究がなされたため、「伝 八橋検校」とも記されます。  それによると曲の冒頭は『われは信ず。万能の神』、終曲は『アーメン』と歌われる部分とのことです。    演奏される機会は数多い曲です。料理店のバックミュ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/30 19:20
小川のほとりにて/思い・想いの尺八曲
 小川のほとりにては森岡章作曲の、箏・ピアノ・尺八の四重奏曲です。  解説には「尺八の旋律が小川の流れに適しているところから、尺八を中心に書かれたもの」とあります。  サラサラという小川の流れをイメージさせるピアノがとてもさわやかできれいです。曲趣をよくあらわしていると思って、お気に入りです。  「春の日射しのなか、ツクシを摘んだり、メダカを追ったり、白いちぎれ雲を見やったり・・・という昔のできごとを、小川の流れは思いおこさせます」と解説されています。  7分30秒ほどの曲ですが、速さが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/30 19:19
第9回地歌箏曲を楽しむ会から気付いた、ある反省
 今年(2016)の「地歌箏曲を楽しむ会」は第9回目でした。  毎年、継続して8月の第1日曜日(または土曜日)に開いています。  今回は錦風流本曲1曲を挟んで、地歌箏曲は全8曲。休憩を入れて、2時間30分の演奏会でした。    暑い盛りの8月7日の日曜日、郡山市公会堂に100名を超えるお客様をお迎えすることができました。  小さな会である私たちにとって、実にうれしく、光栄なことでした。  会場を開けてもらって、荷物を運び込み、イス並べから始まって、々な準備とリハーサル、演奏とこなすこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/30 19:18
「地歌箏曲を楽しむ会」と客席数の自問
 第9回「地歌箏曲を楽しむ会」は、暑い盛りの8月7日の日曜日、郡山市公会堂に100名を超えるお客様をお迎えすることができました。  演奏曲は錦風流本曲1曲を挟んで、地歌箏曲は全8曲。2時間半の開催時間でした。  ここ数年、はじめにお客様のイスは60席を用意します。あとはお客様の入り状況によって、出すイスを増やしています。  今回も最初にイスを並べるときに、「60席」と指示すると、会員から「足りないのでは」という声もありましたが、あえて60席にしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/30 19:15

続きを見る

トップへ

月別リンク

『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる