『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS Annas Visa(アンナス ヴィーサ)/思い・想いの尺八曲

<<   作成日時 : 2015/12/30 20:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Annas Visa(アンナス ヴィーサ)。
 この曲はスウェーデンの曲です。
 アンナとは作曲者の娘さんの名前で、「アンナに捧げる曲」という意味だそうです。
 3/4拍子のワルツ曲です。

 この曲を知ったのは昨年の9月。
 「第68回全国レクレーション大会2014」が福島県で開催され、フォークダンスの部が福島市でありました。
 その時の講習曲の一つがこの曲でした。

 やさしい、落ち着いたメロディーにのせて、オープンサークルでステップスウィングとワルツステップで踊ります。
 この曲に、会場全体のやさしい雰囲気が溶け込んでいるかのようで、とても気持ちの良い印象でした。

 帰ってきてオンラインで検索したら、いくつかの動画を見つけました。
 教会風の小さな会場で、参加者全体が演奏とメロディーを楽しんでいるようなそれ。
 バイオリンの音がとてもすてきで、聴く人をすっぽりと包み込んでいるかのようなそれ。
 スウェーデンでは、とても好まれている曲のように思いました。

 そこで、尺八譜を作成して、私も楽しむことにしました。
 一応、速度記号は108とありましたが、それは演奏だけならばお好みで楽しめます。
 構成はAA,BB,AA,BBです。1尺8寸管で作譜しましたが、9寸管であれば、原曲のピッチに合うようです。

 音楽の楽しさは世界共通です。
 日本の楽器・尺八で、スウェーデンの人と同じ曲を演奏して楽しむのも、また良いものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Annas Visa(アンナス ヴィーサ)/思い・想いの尺八曲 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる