『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS Nearer, my God to thee 主よ みもとに(近づかん)/思い・想いの尺八曲

<<   作成日時 : 2014/12/22 06:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 『Nearer, my God to thee 主よ みもとに(近づかん)』は賛美歌の一つで、「讃美歌21」では第434.435番です。
 元はイギリスの民謡だったそうですが、19世紀にイギリスのサラ・アダムスによって、旧約聖書・創世記28章11〜12節をもとにして作詞されました。旋律がいくつかあって、私が吹いているものは「ベサニー」(Bethany)と言われているものです。
 
 1912年、あのタイタニック号が沈没するときに、船とともに全員が亡くなったバンドマンたちが演奏した曲として知られていて、1997年の映画『タイタニック』でも演奏シーンがあります。
 ただ、事実はどの旋律であったのかは、推測がなされているようです。
 
 合唱やオーケストラはもちろんですが、私にとっては特にバイオリンでの演奏がすばらしく、尺八でも演奏するようになりました。
 私が知る牧師は「尺八や箏の演奏を教会で。讃美歌も演奏を」と、邦楽器に理解がある方なので、背中を支えていただいている気持ちで演奏しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nearer, my God to thee 主よ みもとに(近づかん)/思い・想いの尺八曲 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる