『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS 「地歌箏曲を楽しむ会」と客席数の自問

<<   作成日時 : 2016/12/30 19:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第9回「地歌箏曲を楽しむ会」は、暑い盛りの8月7日の日曜日、郡山市公会堂に100名を超えるお客様をお迎えすることができました。
 演奏曲は錦風流本曲1曲を挟んで、地歌箏曲は全8曲。2時間半の開催時間でした。
 ここ数年、はじめにお客様のイスは60席を用意します。あとはお客様の入り状況によって、出すイスを増やしています。
 今回も最初にイスを並べるときに、「60席」と指示すると、会員から「足りないのでは」という声もありましたが、あえて60席にしました。

 その理由は、第一に私の気の小ささによるのですが、広報したものとして確信に欠けるからです。
 広報としては、チラシを市内の公民館ほか公共施設30数カ所に置いてもらいます。
 自転車や車で何回かに分けて、配って回ります。でもおそらく、残ってしまって廃棄になるものが多いことでしょう。
 地元新聞2紙には後援を受けます。広報のための記事にもしていただきます。
 ミニコミ誌数誌にも広報を依頼します。
 市民文化祭の参加行事としても申請します。
 主催団体のホームページにも、一応掲載します。ただし、ほとんど更新していないので、閲覧数は全く不明です。
 その他、会員でチラシを配ることはもちろんです。
 このように広報として考えられる努力はしています。
 そして、毎年同じ時期に開催しているという事実があります。
 でもやはり、60席を考えてしまうのです。

 第1回は約30名のお客様でした。それに私たちは小さな団体です。発足して10数年の歴史です。それにマイナーな音楽です。
「市民と共に楽しむ」という主旨から、箏も含めて関係社中への案内もあまりしません。・・・・
 ですから、良くない方にばかり考えてしまっているのです。

 でも開場の前からお客様が来られて、30分前にはイスを追加する始末でした。
 おじいちゃんとおばあちゃんと一緒に来られた小学生と中学生がいました。
 聞けば、「学校で尺八を体験したことがあるので、聴きたいと思った」とのこと。
 私たちも学校で体験授業をしていますが、とてもうれしく、励みになる言葉を聞かせてくれました。

 次回は8月6日(日)の予定をしています。
 広報や日頃の私たちの活動にもっと確信を持ちながら、いつもの努力をして、多くのお客様と共に地歌箏曲を楽しみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「地歌箏曲を楽しむ会」と客席数の自問 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる