『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS 公民館の○○講座

<<   作成日時 : 2015/07/17 19:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 公民館の主催事業である○○講座に依頼されることがあります。
 講座は7〜8回連続で開催されるので、その開講式や閉講式があるときや、先日の場合は第2回目の講座開催日でした。このような講座では2時間枠です。
 対象年齢によって尺八体験を入れたり、尺八や地歌の歴史と絡めて演奏したりします。

 先日の講座の受講生は70才以上の男女ですので、一緒に歌えるものを、という事務局のお考えでした。
 当日はお箏と二人で行きました。
 そして、まずは顔ぶれを見てからプログラムを決めることにしました。
 ステージ脇に譜面を並べて、受講生の様子を見ながら、譜本を抜き出してある程度の順番を決めました。

 結果は20数曲を歌いました。とてもすてきなバスで歌う男性もいました。
 ちょっとポピュラーぽい曲だと歌声は小さくなりますが、曲が変わると回復します。
 60分みっちり歌ってもらって、10分間の休憩。そのあとは3曲ほど演奏を聴いていただいて、のどを休めてもらいました。
 そして再び歌いはじめて、最後には公民館の職員先導で「結んでひらいて」で手足も動かして終わりました。
 受講生の皆さん、楽しんでいただけたでしょうか。
 尺八と箏の伴奏で歌うのも悪くないな、と思っていただければうれしいです。

 帰り際に、別な機会にも演奏したもらえるかという打診をいただいたり、敬老会への依頼もいただきました。
 演奏する立場として、リピートがあることはとても誉れなことだと思います。
 声をかけていただけてうれしいことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公民館の○○講座 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる