『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の思い出と市民尺八セミナー

<<   作成日時 : 2015/02/13 06:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 夏の思い出は、皆さんが先ずイメージするあの曲です。
 「尺八と何の関係が?」と思われるかも知れません。

 実は第1回市民尺八セミナー(2005年)で取り上げた課題曲なのです。

 7月からお盆前にかけて、毎週1回、5回連続のセミナーを催しました。
 良く知られた曲で、季節にふさわしく、曲名と同じく「夏の思い出」になるかも?」という日程でした。

 セミナーを思いついたきっかけは、そのころ公民館主催で、バイオリンの市民セミナーが行われたものですから、それなら尺八版をしましょう、というわけです。
 新聞やチラシで講座生を募集したところ、17名の応募がありました。
 そのうち女性は5人。ご夫婦もおられました。
 3回目か4回目の日は台風が接近してきて、人数が少なくなりました。

 教材の尺八は塩ビ管です。お持ち帰りいただいて、家でも練習できるようにしました。
 音を出すところから始めて、2回目では「どんぐりころころ」を、3回目から「夏の思い出」を、という計画で始めました。
 最後には、お箏との合奏もしました。それはみんなと一緒に演奏したり、ソロで演奏した方もいました。

 5回目まで参加された方は12名ほどだったでしょうか。

 この曲にはメリ音があって、尺八の孔を閉じる指の操作をしなければならないので、初めての方には大変だったのではないかと思います。
 夏の季節なので、尺八でも演奏できるのだというイメージを感じていただければと願い、「夏の思い出」を講習曲に取り上げたのでした。

 今は反省をしながら、「皆さん、よく取り組んでいただいた」と感謝の気持ちです。
 講習曲をはじめ、講習の進め方にも、いろいろと勉強をさせていただいたわけですから。

 その後、回を重ねる毎に、曲と回数はかわり、今では全2回になりました。
 今年は、第8回尺八セミナー(全2回)を計画しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の思い出と市民尺八セミナー 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる