『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本の音色を楽しむ」というテーマ

<<   作成日時 : 2015/01/14 06:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 新年になって、ある高齢者の学びの場で、「日本の音色を楽しむ」というテーマでお招きをいただきました。
 持ち時間は約2時間近くとのこと。

 実は一昨年の事業計画案作成の段階で依頼がありましたので、先のことと構えていたその日が来てしまったのです。

 このようなテーマは公民館の講座でも数回頼まれたことがあります。
 第1部を「法器から楽器へ」と題して、虚無僧から現代までを、尺八と地歌箏曲の歴史に触れながら解説と演奏をしました。

 第2部は「曲と親しむ」と題して、唱歌などをご一緒に歌っていただけるようにしました。

 この学びの場は、芸術と文化を基本にされていることもあって、第1部はすこし丁寧に曲を選んで構成しました。
 だから、大部分の時間を費やしてしまいました。
 
 残り時間15分ほどで、第2部の歌の伴奏を務めました。
 受講者の中ではコーラスをしておられる方が多いとのことで、しっかりと歌っていただけました。

 尺八の歴史を話し、曲の変遷を聴いていただく機会が与えられることは、たいへんありがたいことです。
 お箏との事前の練習もたいへんですが、私たちにとっても得られるものが多くて、演奏者として幸せです。

 有意義な講座になったと感じていただければ、とてもうれしいことです。
 受講された方はいかがだったでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本の音色を楽しむ」というテーマ 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる