『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS  あめなるかみには/思い・想いの尺八曲

<<   作成日時 : 2015/01/05 06:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あめなるかみには(天なる神には)は讃美歌21では265番です。
 教会歴では降誕・クリスマスです。

 19世紀アメリカでうまれた美しいメロディの曲です。
 作詞はエドマンド・シアーズ、作曲はリチャード・ウイリスです。
 クリスマス・キャロルソングなので、耳にすることも多くて、私たちにはなじんだ曲です。

 そんなこともあって、ときどきこの曲を演奏します。
 お箏の2パートと合奏するときは、尺八はメロディを吹いたり、オブリガート風に吹いたりします。

 先日も老人ホームのボランティアがあって、演奏しました。
 皆さん、知っておられる方が多いので、その場は和みます。

 歌詞の出だしは「天なる神には み栄えあれ、地に住む人には 平和あれ」です。
 
 演奏者にとっても心広くして、音楽を奏でることが栄誉なことであり、それは楽しい瞬間の積み重ねである、というように意識するようにしています。
 いや、そんなことを意識しなくても、自然とそんな心意気になる美しい曲だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 あめなるかみには/思い・想いの尺八曲 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる