『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学校の体験授業

<<   作成日時 : 2015/01/22 20:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今回は、5年生3クラスの授業がありました。
 2組に分けて、それぞれ90分の二コマです。

 1校時目では、子ども達は調子が出ないときもあるのですが、今回は最初から元気でした。

 まず尺八とお箏の話をしてから、私たちの演奏を聴いてもらって、つぎに尺八とお箏を体験します。

 尺八は塩ビ管を1本ずつ持ってもらいます。
 体験時間は20分ほどですから、残念ですが皆な、音が出るわけではありません。

 でも、音が出せた子どもはもちろんですが、出せなかった子どもも、私たちの演奏を聴いて、自分が音を出せなかった分だけ、尺八への思いが残るようです。

 お箏はすぐに演奏できます。
 授業の最後にはお箏の前に一人ずつ座って、一人弾きをして、お箏の大合奏をしてもらいます。

 ほとんどの子どもが手を上げて、その一人弾きに挑戦してくれます。
 他の子ども達は、それに合わせて歌を歌って応援するのです。

 きっと、日本の楽器へのイメージが深まることと、期待しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学校の体験授業 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる