『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅 路/思い・想いの尺八曲

  作成日時 : 2014/12/18 06:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「旅路」という曲があります。
 野村正峰作曲で、箏と尺八の二重箏曲です。
 
 
 これを初めて演奏したのは9年ほど前。
 お箏の演奏が、緩急、強弱はもちろん、タメやツキを入れたりして表現力を駆使したのにびっくり。
 とても、尺八も譜面どおりにはできないと思って、何回も合奏していただいたことがありました。
 
 
 その半年近く後に、私の会でも演奏しました。東日本大震災のあと、亡くなった、
 ある親しい人の送別の場でも演奏しました。
 
 
 「放浪・逡巡・門出」という三部構成が、人を讃える気持ちを表現するのにピッタリだと思います。
 迷い、悩むことはその人を強くするし、やさしくもする。人が生きていく上で、必要なことなんだと、教えてくれる曲だと思います。

 「音楽は人を歩ませる」という面からも、ぜひ推奨したい箏・尺八二重奏です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅 路/思い・想いの尺八曲 『鴻風楽舎』〜「尺八広場がいや」から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる